今回は参加されたIさんからの報告です。参加者は20名で、いろんなタカ類が見られた一日でした。チョウゲンボウが田圃に。ハイタカが道路すれすれを飛んで木に、行く方向に逃げながら最後は上空で長時間帆翔。コチョウゲンボウはマリーナの処の杭に、ペアーでゆっくりと。ハヤブサは道の駅で休憩中に、突然上空に、これも長時間帆翔して楽しませてくれました。期待した残りのチュウヒとオオタカは駄目でした。カモ類は沢山いましたが、珍しいのはホオジロガモだけ、アイサ類もいませんでした。ミヤマガラスは大群が遠くで帆翔しているのを発見、高度を上げ飛び去りました。
「観察種」
カンムリカイツブリ、カイツブリ、カワウ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、ホオジロガモ、キンクロハジロ、スズガモ、ユリカモメ、コサギ、ダイサギ、アオサギ、オオバン、バン、タゲリ、ケリ、タシギ、トビ、ハイタカ2、ハヤブサ、コチョウゲンボウ♂♀、チョウゲンボウ、キジ、キジバト、カワセミ、ヒバリ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、ウグイス、ホオジロ、アオジ、オオジュリン、カワラヒワ、スズメ、、ムクドリ、ミヤマガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラス 48種

2005-11-20-01